あなたにピッタリ!暮らしべつ上手な浄水器の選び方

by admin on 2015年7月4日

浄水器の種類とあれこれ

皆さんの自宅には浄水器はありますか?最近は一家に一台浄水器を使っている家庭が増えています。浄水器の種類は大きくわけて、水道の蛇口直接型、アンダーシンク型、シンクトップ据え置き型、ポット型があります。蛇口直接型は一番人気が高く取付けも簡単で、アンダーシンク型はシンク下に取付けるので邪魔にならずスッキリです。シンクトップ据え置き型は水の美味しさに定評があり調理に向いた水ですが設置に場所を取り、ポット型はポットの中にカートリッジが入っていて水を注いで冷やしておくだけです。他、据え置き型のウォーターサーバーも非常に人気があり水・お湯・常温がすぐ使えます。

浄水器本体費用とランニングコスト

水道蛇口直接型は本体費用が2000円から6000円、カートリッジも500円から1000円程度ですが小型なので交換は3か月に1回程度。アンダーシンク型の本体費用は2万円から15万と幅広く、カートリッジは5000円前後が多いようですが交換は1年に1回です。シンクトップ据え置き型の本体費用は3万円から50万以上と性能によって大きく変わりカートリッジも数千円から数万円と本体同様一番価格帯が広くなっていて、カートリッジの交換は6ヶ月から1年に1回です。ポット型は本体費用は2000円から5000円、カートリッジも500円前後です。据え置き型のウォーターサーバーは契約の水量で費用は変わってきますが2000円ぐらいからあります。

ちょっとまって!その浄水器大丈夫?

浄水器を取付けた当初はきちんとカートリッジの交換をする人が多いのですが、半年1年と時間が経つにつれ、つい面倒とカートリッジの交換をせずに使用している人がいます。これはとても不衛生でカートリッジ内に雑菌が繁殖し、かえって健康を損ねる結果につながりかねません。面倒がらずにカートリッジはきちんと交換しましょう。また、交換を忘れないよう定期的にカートリッジを届けてくれるサービスもありますので、そちらを利用するも良いでしょう。どんな浄水器も正しく使わなければ効果がありませんので、説明書をよく読み、美味しいお水を飲みたいですね。

浄水器を使って水道水を濾過すればミネラルウォーターのような味になりますのでペットボトルの水を買う必要はありません。

Comments are closed.